16:45 2019年06月27日
マリファナ

スペインの研究者 世界初の「合法マリファナ」を開発

CC0 / Pexels/Aphiwat chuangchoem
テック&サイエンス
短縮 URL
134

スペインのバレンシア工科大学の技術者、サリバドール・ソレール氏は同僚と共に世界初の「合法マリファナ」を開発した。このマリファナは、人体に有用な特性を持つ一方で、有害な向精神薬のテトラヒドロカンナビノール (THC)は含有していない。スペインの「エル・ムンド」紙が報じた。

スプートニク日本

研究者らは、胚の中で禁止されている向精神成分のTHCの形成を止め、カンナビゲロール​(​CBG​)​といった他の物資の含有量の増加に成功した。

ソレール氏は、「この研究によって、CBGは抗炎症や抗腫瘍、抗リウマチ作用があり、また同様に、アルツハイマー症に対する一時的緩和剤として適用できることが示された」と指摘する。

このように、新しい品種は将来的に、アルツハイマー病やパーキンソン病、大腸がん、緑内障、精神障害の治療に応用することが可能となる。サリバドール・ソレール氏は、「合法マリファナ」をベースとする製剤は、研究機関での必要な臨床試験の後、3年から5年後には薬局で扱われ​るはずだと確信している。

関連ニュース

タグ
医療, びっくり, 麻薬, 研究, 科学, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント