00:50 2020年08月12日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 04
でフォローする

米グーグルはブログで、販売前のAndroidスマートフォンにすでにウイルスが感染していることを発表した。

スプートニク日本

このウイルスは、スパム広告などを表示させたりするマルウェア「Triada」。

グーグルによると、Android版「Triada」は購入した時点ですでに感染している可能性がある。

このタイプの攻撃は、製造会社が機能を改良するのを手助けしたり、製造会社に既製品を提供したりするソフトウェアのサードパーティーを通じて行われる。それらのサービスにたくさんの企業が頼っている。

グーグルは、ハッカーがどのようにしてソフトウェア開発者を騙し、Androidにウイルスを組み込んでいるのかについての詳細は明らかにしていない。

伝えられているのは、ハッカーらはスマートフォンの製造時だけでなく、後にアップデートが行われる際にも隠していたウイルスを組み込むことができるということのみ。

なお、具体的などのスマートフォンメーカーがTriadaの攻撃を受けたのかについては伝えられていない。

関連ニュース

いま最強のアンドロイド・スマートフォンのランキング決定

タグ
コンピュータウイルス, Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント