00:22 2020年04月07日
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (81)
0 40
でフォローする

心臓病といえば胸部の痛み、動悸、息切れが一番よく知られているが、実はこうした症状だけが心臓病の兆候ではない。こんな症状が見られたら、心臓病を疑ったほうがいいといういくつかの兆候をロシア語の健康ポータルが紹介している。

足の浮腫

脚が重い、痛い、疲れる、肉眼で見て腫れているのがわかるというのは心臓病の兆候かもしれない。ただしこうした症状は日常よく見られるため、疲労が原因と思い、心臓病を見落としてしまうことがある。

脱毛

ポータルによれば、最近の調査の結果、脱毛で悩む男性の23%に心臓病のリスクが高いことが分かっている。

皮膚に黄色の突起

こうした突起は肘、臀部、膝、足の甲などいたるところに現れうる。突起そのものは心臓病の兆候ではないものの、体内の脂質代謝がうまく機能していないことを示している。こうした代謝が乱れると、心臓病のリスクは直ちに高くなってしまう。

歯茎の腫れ

歯茎の腫れはほとんどの場合、口内の病気の兆候を示すが、血流の問題から発生することもある。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (81)
タグ
番付・ランキング, 研究, 科学, びっくり, 病気, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント