16:32 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

15日に予定していたインドの無人月面探査機「チャンドラヤーン2号」の月への打ち上げが、発射予定時間の56分前に延期となった。同機には着陸モジュールと月面車が搭載。インド宇宙研究機関が発表した。

ISROは、「打ち上げの1時間前に発生した技術的な問題から、予防措置としてチャンドラヤーン2号の打ち上げを中止した。新しい打ち上げ日は今後発表する」と発表した。

無人惑星探査機の打ち上げは、3段階ロケットGSLV Mk-III を利用し、ベンガル湾のシュリーハリコータ半島にあるサティシュ・ダワン宇宙センターで予定されていた。

ミッションが成功した場合、インドは月面への宇宙探査機の着陸が成功した世界で4番目の国となった。これまで旧ソ連と米国、中国が成功させている。

関連ニュース

インド 2022年までに独自の宇宙ミッションを打ち上げ

タグ
宇宙, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント