01:18 2019年12月15日
植物(アーカイブ)

米国研究者ら 植物の遺伝子操作を計画 気候変動への対応を目的

© CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
筆者 :
227
でフォローする

米国カリフォルニア大学の生物学者らは、植物の根の体系を変えることを提案した。これによって、大気中から吸収されたより多くの二酸化炭素を地中に移すことが可能となる。

科学誌『サイエンス・アラート』によれば、研究者らは、植物に内在し根の体系をつかさどる遺伝子EXOCYST70A3の解明を行った。計画は、まさにこの遺伝子に変化を与えるというもの。

米国の研究者らは、普通のレタスに内在するEXOCYST70A3の変化の過程で、根の体系が何度も増大し、地中深く延びることを確認した。つまりこれは、大気中に蓄えられていた二酸化炭素と同量の二酸化炭素が地中に拡大したことを意味する。

もちろん、レタスはさほど大きくはなく、その根の体系の拡大による影響も大きくはない。しかし、これは、地球の大気中から二酸化炭素を取り除くための本物の「自然の工場」を作り出す第一歩となった。そのためには、遺伝子EXOCYST70A3の「最適化」を広大な根の体系をもつたくさんの植物に拡大させる必要がある。

その目的は、地球の救済

米国の生物学者たちは、さまざまな植物において彼らによって解明された遺伝子がどの程度同じであるか、そして、その変化は地球上のすべての生態系にどう影響するかを理解するために、一連の実験を行う予定だ。同時に、研究者らの多くは、異なる遺伝子物質を導入することなしに、植物自身が有する遺伝子の変化を行わせるという遺伝子技術は、自然界で生じる速やかな自然淘汰と同一視できると考えている。

タグ
科学, 科学研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント