19:03 2020年03月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

中国メーカーVivo社が4つのセルフカメラを備えたスマートフォンの特許を取得した。この開発に関する説明がツイッターのユーザーたちの注目を集めている。

特許は中国の国家知識産権局のデータベースで公開された。公開されたデータによれば、同社が登録したのは3タイプのデザインからなるスマートフォン。第1にフロントパネルの各隅にはそれぞれフロントカメラが搭載され、第2、第3として、カメラがディスプレイ上部の両端にペアで備えられる。

​ツイッターのユーザーたちはジョーダンまじりに新しい特許についてのニュースを受け取った。彼らはこのスマートフォンがSamsung Galaxy S10+や Xiaomi Redmi K30に似ていることに注目した。

​特許がいつ登録され、Vivo社が4つのカメラを搭載したデバイスをリリースするのかについては、まだ明らかにされていない。

関連ニュース

中古スマホの新しい4つの使用方法

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント