04:20 2020年10月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 33
でフォローする

国連のグテレス事務総長は、デジタル技術分野の協力についてロードマップの枠内で地球上の全人口が2030年までにユニバーサルで安全かつ手頃なアクセスを手にするという提言を行った。

グテレス事務総長によれば、2019年のインターネット利用人口比率は先進国でおよそ87%、発展途上国で19%。事務総長は、デジタル技術の重要性はこの先ますます増大するとして、「アクセスのない者は置いてけぼりになってしまう」と指摘した。

​グテレス事務総長は、コロナウイルスのパンデミックによって市民生活に占めるデジタル技術の特別な意義が明確になったとし、このおかげで家にいながらオンライン授業を受け、オフィスに行かずともテレワークで仕事を続け、電子商取引(ネットショッピング)で必要物資を購入することが可能となったと語っている。

ロードマップは、各国でインターネットへのアクセスとサイバーセキュリティの保障、デジタル技術の発達を見込んでいる。

関連ニュース

タグ
グテーレス事務総長, 国連, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント