00:20 2020年08月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

米国の研究者らがソフトポリマーの「ロボット化」した素材を開発した。この素材は光が当たることでくねったり、回転したり、這ったりし始める。研究成果が『ネイチャー マテリアルズ』誌に掲載された。

この研究開発は米国エバンストン市の西北大学の研究者らが行った。

光に当たるとこの薄い膜の材料はまるで生きているように、補助的な設備や水力、電力なしで、表面にそってくねったり、回転したり、這ったりする。

これらの素材は青い光に反応するが、この光は素材を親水性(水を引き付ける)から疎水性(反発)に変化させる。こうして素材は動き、伸縮し、そして「生き」ているような動作を見せる。青色の光をオフにすると、逆方向に拡張しはじめる。

光を操作することで、素材の動きに方向性を持たせることができるが、これは光が照らし出される方向へ屈曲が生じるため。

研究者らは、「ロボット素材」は、医療やエネルギー、環境再生といった分野で多くの課題を達成することができると期待している。

関連ニュース

タグ
科学研究, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント