04:19 2020年10月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

研究者らによれば、人間は、定めた目標に集中し、それに向けて取り組んでいる中で、時折、他事を考えたり、しばらく楽しく過ごせるような時間を見つけた場合に、もっとも幸福を感じのだという。研究結果が学術誌『Personality and Social Psychology Bulletin』で発表された。

スイスのチューリッヒ大学とオランダのラドバウド大学の研究者らが行った心理学の実験結果は、自制を実現した時と同じように、幸福感は、短期的な楽しい行為によって喜びをもたらすが、その際、人々は長期的な目標について考えていないということを明らかにした。

研究者らは、回答者の快楽主義レベル、つまり彼らの短期的な満足を得る能力を評価するアンケートを作成し、快楽主義が彼らの幸福とどう関連しているのかを明らかにした。調査では、より多くの時間を休息に割いているが、しかし、残った仕事と、それらを終わらせるのにどれくらいの時間が必要なのかを常に考えている人たちは、時間は短いがその時に別のことは考えていない人たちよりも、幸福感は少ないということが示された。さらに、たとえ短時間でも、いつもの考えを完全に切り替えることができる人々は、不安や悲しみ、ストレスに支配されにくく、そのため、彼らは時として長期的事業で成功する可能性がより高くなるということが明らかになった。

研究結果では、「この場合、快楽主義的目標と長期的目標は、互いに矛盾することはなく、どちらも重要であり、幸福と健康の達成をそれぞれが補足し合っている。大切なのは、毎日の生活の中でそれらの正しいバランスを見出すこと」だと強調する。また、研究者によれば、そのためには自分の休息を計画し、休息時にはいつもの心配事や考えを完全に切り離すことを身に着ける必要があるという。特に今日、リモートワークという条件から、いつもの休息の場がいきなり仕事と関連付けられてしまうことになり、このことが多くの人たちにとって焦眉の課題となった。

関連ニュース

タグ
スイス, オランダ, 研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント