09:16 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

マレーシアの研究者らがクローン技術と体外受精を利用し、国内で絶滅が危惧されるスマトラサイ種を復活される計画だ。CNNが報じた。

スマトラサイはブータンやバングラデイシュ、ミャンマー、ラオス、タイ、インドネシア、マレーシア、そして他の南アジア各国に生息していたが、現在、絶滅の危機に瀕しており、世界中で80頭程度しか残っていない。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Wildlife Protection! (@global_wildlife_protection)

マレーシアでは、昨年の11月にイマンと名付けられらた雌が死亡した。イマンは国内では同種の最後の1頭だった。

イマンの死後、研究者らにはサイの内臓器官の生きた細胞と組織が残った。このことは研究者らに、この種が自然界に復活する可能性があるという希望を与えた。

幹細胞から研究者らは卵細胞と精子を培養する計画。その後、それらから胚をつくり、それを代理母に移植する。

種を復活される他の方法としては、1996年に羊のドリーのクローン化で使用された技術を応用したサイのクローン化が検討されている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント