09:14 2020年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ポーランドのマシコヴィッツェ村にある古い居住跡で、珍しい豚の置物が2体発見された。

粘土製の豚の置物は3500年前のものとみられ、住宅廃墟に1メートル間隔で置かれていた。豚の解剖学的特徴が巧みに表され、詳細に顔、乳房、背中の線状皮膚が描かれている。

​考古学者らによると、当地域でこのような置物が発見されたのは初のことだという。

考古学者らが研究している古い居住跡は紀元前1750年頃、青銅器初期に出現したとみられている。ルーマニア西部、ハンガリー東部、スロヴァキア、ポーランド、ザカルパティエに存在したオスマン文化人が住んでいた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント