13:40 2020年09月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32
でフォローする

シンガポールのプログラマーらが鍵穴に鍵を差し込んで回すときの音を分析して、これを基に鍵の形を特定し、3Dプリンターを使うことでその正確な合い鍵を作る方法を編み出した。モバイルコンピューティングシステムとアプリに関する国際学会HotMobile 2020でその一部詳細が報告されている。

シンガポール国立大学のプログラマーらは「SpiKey」と名付けられたデバイスを開発。これは鍵が錠前のシリンダーに差し込まれた時にピンが合わさって出す音を録音する。スプリングによって支えられているピンは鍵の刻み目に合致した設定になっているから、鍵を回すことができる。SpiKeyは鍵が回されるときに出る音を録音し、それを分析して3Dプリンターで合い鍵を作ることができる。

6つのピンを並べたピンタンブラー錠には58万6584の異なるパターンがあり、同じだけの数の種類の鍵が存在する。シンガポールのプログラマーがSpiKeyに習得、分析させたのは、今の段階ではその56%にあたる 33万種類の組み合わせで、鍵がまわる時に出す音からデバイスは数種類のパターンを割り出す。時にそのパターンは15種に及ぶこともあるが、大抵の場合は3種類の鍵が特定される。

SpiKeyは今の段階ではまだ実践的とはいえない。それでも音だけで鍵が作れるという論破できない可能性は世に示され、警告も同時に発せられた。開示を急いでいない開発者たちはやろうと思えばこれで合い鍵を作り、非合法的な目的のためにその達成をさらに改善することもできるからだ。これまでの例では、ハードディスクの出す音でコンピューターへのハッキングが可能なことは、すでにイスラエルの科学者らによって証明されている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント