09:09 2020年10月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 81
でフォローする

仮想通貨投資家らは9月29日未明、1500万ドル(約15億8400万円)を失った。その原因はおそらく、新しいプロジェクトに対する好奇心と一刻も早く利益を手にしたい心理によるもの。投資家らは、分散型金融(DeFi)の分野で知られているアンドレ・クロニエ氏が開発したテストプロジェクトに投資。その後、ハッカーがこのプロジェクトのプロトコルを発見し、1500万ドルを盗み出した。このプロトコルはまだ保護がされておらず、すぐに悪用される状況にあった。

クロニエ氏は28日、ツイッターでイーサリアムネットワークにおける新しいプロジェクトを発表した。

​しかしこれは新プロジェクトのテスト版だった。この発表を知った投資家らは、そのプロジェクトにすぐさま約1500万ドルを投資した。

投資家らは、クロニエ氏が以前に手掛けていたプロジェクトのように、今回も大きな成長を見せる仮想通貨が誕生すると判断していた可能性がある。例えばクロニエ氏は7月18日、YFIトークンを発売。当時の価格は32ドル(約3400円)だったが、9月までにその価格は4万4000ドル(約465万円)に達した。YFIの価格は10万%以上上昇したものの、今は2万5000ドル(約264万円)まで下落した。

この投資金額の1500万ドルは、ハッカーが発見するまでクロニエ氏が作成したテストプロジェクトにあった。ハッカーはこの1500万ドルを引き出せることに気づいた上に、その引き出しの障害となるものもなかった。ハッカーは1500万ドル全てを盗み出したが、800万ドルをクロニエ氏のウォレットに戻している。クロニエ氏はツイッターで、ハッキングが行われた頃には「寝ていた」と説明している。

タグ
仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント