14:10 2020年10月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 15
でフォローする

科学者たちの調査で、人間の活動が気象に大きく影響した結果、世界海洋における海洋熱波の発生頻度が高くなっていることが明らかにされた。海洋熱波とは、極端に高い海面水温が長期間継続する現象を指す。こうした結果、海の生態系の破壊は破壊的に進んでおり、漁業に大きな損害が出ることが予想される。調査結果は科学雑誌「サイエンス」に発表された。

研究者らが1981年から2017年の間の人工衛星のデータを調べた結果、最初の10年間は海洋熱波日は平均32日間にわたって27回発生しており、これにより水温は長期間の平均温度より4.8度上昇していた。

ところが次の10年では海洋熱波の発生回数は172回に増え、その期間も平均で48日間と格段に長期化し、上昇温度も5.5度になっていた。

この変化は海洋生物の生命に大きな影響を与えている。

データ分析では、海水温の異常上昇の頻度が増したのは人間の活動が主な原因であることが示された。

関連ニュース

タグ
気候変動, 地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント