20:55 2021年03月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (58)
0 42
でフォローする

英国の研究者らがガンの補助的治療としてのダイエットの重要性について証明した。ガン患者のダイエットによって、ガン細胞の「栄養源」となる特定のアミノ酸を除去することが必要であることが判明した。デイリー・メールが報じた。

研究者の説明によれば、ガン細胞の成長は体内のアミノ酸セリンの存在によって保障される。このアミノ酸はほぼすべてのタンパク質の組成に関与し、肉や魚、卵に含まれている。マウスで行われた実験結果によれば、セリンの低摂取ダイエットが腫瘍の成長を遅らせた

しかし、30%の患者では腸や膵臓の難治性ガンの罹患が頻繁にみられ、その身体にはガン細胞が自力でセリンの増加生産に影響を及ぼす変種が存在する。

研究者らの発表では、ダイエット治療は以前から医師や研究者らの中では検討が行われていると指摘する。専門家らは、1日の食事がガンに影響するという理解が、治療だけでなく病気の予防に役立つことに期待している。

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (58)
タグ
健康, ガン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント