20:38 2021年03月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシアの心臓学者が、突然死を引き起こる心臓に関連した問題について解説し、どのようにそうした事態を回避するかについてアドバイスを行った。

タマズ・ガグロシュビリ氏は、この問題に関して正確には心室頻拍または心室細動を引き起こす状態であると指摘した。同氏は、心血管症は急激に「若返り」を起こし、現在では35歳であっても梗塞を経験していると罹患するおそれがあると強調する。

ガグロシュビリ氏は、毎年不整脈のリスクは増大し、特に後天性または遺伝性の合併症がある場合に注意が必要だと強調した。また、同氏は心臓の停止は常に心臓の痛みを伴うわけではなく、人によって血圧低下や意識を喪失する可能性があると語った。その結果、医師には患者を救助するための時間がわずかしか残されない。

ガグロシュビリ氏は、肥満や動悸の人はまず心臓の診察を受けるよう呼びかけている。また、同氏は、潜在的に心血管症の進行を引き起こす慢性疲労症候群を回避することを推奨している。

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント