11:09 2021年02月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ハーバード・スミソニアン宇宙物理センターの研究者らは、木星に似ているが大気中に雲や霞がない希少な惑星を発見した。専門誌「The Astrophysical Journal」掲載の論文で明らかになった。研究についてはPhys.orgのプレスリリースで要約されている。

巨大なガスの塊WASP-62bが初めて確認されたのは2012年。Wide Angle Search for Planets(WASP)の南部天文調査の過程だったが、現時点まではその大気は詳しく研究されていなかった。

WASP-62bは地球から575光年の距離にあり、ホット・ジュピターに分類される。このような惑星の特徴は親星に近い位置にあることであり、太陽の周りを4.5日で回転する。質量は木星の半分とされている。

天文学者らは分光器を使い、特定の化学元素の存在に関連する電磁放射の特徴を確認。スペクトルには完璧なナトリウム吸収線があり、これにより元素信号を遮る雲や霞がないことが示された。

クリーンな大気をもつ太陽系外惑星が初めて発見されたのは2018年。WASP-96bと名付けられ、ホット・サターンとして分類されている。

タグ
科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント