08:53 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32
でフォローする

中国と米国の学者たちが、可逆性で非ホルモン性かつ毒性がないとする男性用避妊薬を開発した。この新しい避妊薬の最初の動物実験は成功した。

女性用避妊薬は1950年代から存在しているが、「男性用ピル」の開発は数十年前から行われているものの現時点で非ホルモン性の男性用避妊薬は市場に出回っていない。

学者らによると、この男性用避妊薬では中国の植物タイワンクロヅル(Tripterygium wilfordii Hook F)由来の天然化合物トリプトニドがベースとして使用された。実験では、トリプトニドが動物にとって安全かつ有効であるかどうかが観察された。

実験では、マウスの他にカニクイザルの大人の雄12匹が使用された。化合物の1日1回の投与で3~6週間目に精子のほぼ100%が変形し、不妊を引き起こした。また、投与をやめたあと4〜6週間後に受精能力が回復した。

学者らは実験後に動物の死活にかかわる重要な器官を調べたが、副作用は確認されなかったという。


関連ニュース

避妊薬に潜む危険 血栓症リスクが35倍に ロシアの医療センター

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント