16:17 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米Appleは、2021年4月に新型iPadProを発表する準備をしている。新型iPadProのデザインは現行モデルと似ているが、プロセッサとカメラの性能が向上するという。ブルームバーグが消息筋を引用して報じた。

ブルームバーグによると、画面サイズは11インチと12.9インチと変わらない。新型iPadProには、最新のMacBook Air、MacBook Pro、Mac miniに搭載されている、より高速なM1チップに匹敵する最新のプロセッサが搭載される。

また12.9インチのiPad Proでは、ミニLEDバックライトディスプレイが採用され、画像のコントラストと鮮明度が向上する。

Appleは、独自のプロセッサを搭載した新しいMacに搭載されているThunderboltコネクタを使って新型iPadProをテストした。Thunderboltを使用することで外部モニターや外付けハードディスクと接続することができる。またThunderboltは、現行iPad Proで使われているUSB-Cよりも高速でデータを同期する。

なお、Appleはコメントを控えた。ブルームバーグによると、Appleは発表の正確な日付をまだ決定しておらず、計画は変更される可能性があるという。

関連ニュース

タグ
テクノ, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント