20:45 2021年05月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

Apple独自のチップ「M1(ARMベースのプロセッサ)」を搭載したノートパソコンとコンピューター(M1 Mac)で、マイクロソフトのWindows 10を実行できることが分かった。米技術系ニュースサイト「ザ・ヴァージ」が報じている。

Windows 10は、M1 Mac上で仮装マシン「Parallels Desktop 16.5 for Mac」を利用すると実行できる。またM1 Macで「プログラムファイル(x86)」を実行できるが、いくつかの制限があるという。

開発者は、この仮想マシンに多くの改良が加えられていることを強調している。またM1 Macにおいて仮想マシンは、IntelベースのMac製品と比べてエネルギー消費が2.5倍少なくなっている。さらに、DirectX 11のパフォーマンスが最大で60%向上し、M1 MacでInsider Preview のARM 版Windows 10(Windows 10 in ARM Insider Preview)を実行すると、インテルのプロセッサを搭載したMac製品に比べてパフォーマンスが最大で約3割向上する。

Apple製パソコンの所有者にとって主な問題は、Windows 10そのものではなく、その予備バージョンしかインストールできないこと。マイクロソフトは今のところ、Windows 10 in ARM Insider PreviewをWindows Insider Programのメンバー向けに販売している。この仮想マシンのリリースにより、M1 Mac 上でWindows 10 in ARM Insider PreviewやARMベースのLinuxを実行できるようになった。

タグ
Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント