10:39 2021年09月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

中国独自の宇宙ステーション「天宮」に物資を運ぶ貨物船「天舟2号」は30日、基幹モジュール「天和」とのドッキングに成功した。NHKが伝えている。

時事通信によると、「天舟2号」は29日夜、海南島の文昌発射場から打ち上げられた。

「天和」は、中国独自の宇宙ステーション「天宮」の基幹モジュール。「天宮」は来年2022年までに建設が完了する見込み。天宮の使用期間は予定では15年で、ステーションのミッションは2038年に終了する。

6月には「天宮」に向けて宇宙飛行士を乗せた宇宙船の打ち上げが予定されている。

関連ニュース

タグ
宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント