11:52 2021年07月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

フランスとオランダの研究チームは、人間の脳は時間旅行をすることができると結論付けた論文を科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスに発表した。

研究チームは、脳には外部から影響を受けることができない時間の内部流れがあると考え、侵襲的な電極移植を受けた薬剤耐性てんかん患者の脳を研究した。これらの電極からのデータは、脳の活動を測定するために使用された

研究チームは、その順序だった記憶を特別に使って研究チームから出された課題を実行する患者たちの脳活動を追跡した。

結果、海馬と呼ばれる脳の一部は、現在の外部環境とは関係のない出来事の順番を正確に再現できることがわかった。

海馬ではある時点で、個別のニューロン、いわゆる時間細胞が活性化された。これらの細胞は出来事の順番の内部感覚に反応した。研究チームは、活性化するニューロンの特定のグループを見ることで、患者が現在どの時間間隔を思い出しているかを予想することができた。

なお、これらの細胞の働きや、それらが記憶の中でどのように時間を「暗号化」しているかについては、その多くがまだ解明されていない。

関連ニュース

タグ
科学研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント