11:25 2021年07月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 04
でフォローする

イスラエルの企業NSOの創始者のシャレフ・フリオ代表取締役は、同社開発のソフト「Pegasus」が民間の代表者の追跡に使われたとの情報を否定した。フィナンシャルタイムズが報じた。

マスコミにはその前に追跡された結果が公表されていた。これにより特務機関のテロリスト、犯罪者の追跡用の使ってきたイスラエルのNSOグループのソフトPegasusが世界中で政治家、ビジネスマン、社会活動家、ジャーナリスト、反体制派の追跡に使われてきたことが明らかにされた。

フリオ代表取締役は、自社はジャーナリストや政治家の携帯電話を感染させたことが証明されているシステムはすべて無効にすると約束していると指摘している。

フィナンシャルタイムズは先日、NSO社の有害ソフトPegasusが長年にわたって諸国の特務機関、政府によって特定の人物のスマートフォンからデータを収集するために使われてきたと報じていた。

同ソフトはクラウドのデータにもアクセスすることができ、クラウドにある写真、メッセージのアーカイブ、特定の人物の位置情報の履歴も収集が可能だった。

関連ニュース

タグ
イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント