15:37 2017年12月12日
東京+ 10°C
モスクワ-1°C
    ユヅル、早く元気になってほしい NHK杯金のボロノフ選手が羽生選手に心からの励まし

    ユヅル、早く元気になってほしい NHK杯金のボロノフ選手が羽生選手に心からの励まし

    © Sputnik/ Nina Zotina
    スポーツ
    短縮 URL
    0 292

    先日、NHK杯国際フィギュアスケート大会で男子シングルで優勝したロシアのセルゲイ・ボロノフ選手(30)。ボロノフ選手にとってはこの金メダルはグランプリシリーズでは初めて獲得したものだった。

    スプートニク日本

    ボロノフ選手にとっては今回の大阪GP出場は2度目の訪日だった。ボロノフ選手は、実は出場当日、練習中にわいた疑念のため、リンクに出ていくのは楽ではなかったという。そんなボロノフ選手が自身を奮い立たせ、ほとんどミスのない演技ができたのは、客席からの大きな声援だった。

    「練習の後、いろんな考えが次から次へとわいた。今振り返ればそれはいい苦労だったのだと思う。でもあの日の日中は苦しかった。リンクに出たとき、お客さんの応援のおかげで自分の意識を集中させることができたんだ。日本での出場は2度目だけど、ロシアでさえこれだけ僕を歓迎してくれることはないよ。いっそ、日本のパスポート取得をお願いしてしまおうかと思ってしまうほどだ。冗談ぬきでいうと、ルが怪我で出られなかったのにこれだけたくさんの人が試合を見に来てくれたなんて、すごいと思う。会場がほぼ満席のときは滑るのもうれしいものだよ。大阪はこれが初めてじゃなかったから、うちに帰るような気持ちで来た。」

    ボロノフ選手は羽生選手が開幕前日の練習で怪我をした瞬間を目撃していた。

    「彼が怪我した様子がこの目で見た。あの足はまずい曲がり方だった。でも、立てればきっと大丈夫だと思った。ところが痛みをこらえている様子だ。オリンピックシーズン開始でこんなことになるなんて…。人の気持ちとして当然、本当に可哀そうだと思う。こんなことは誰にも、敵にでさえも起きてほしくない。怪我はスポーツマンにとっては一番嫌なものだもの。」

    ボロノフ選手は同じスポーツマンとして羽生選手の心境を思いやっている。

    「ユヅルの健康を祈る。どうか怪我が深刻なものではありませんように。4回転を飛ぶ人間にはいつもリスクが付きまとう。ユズル、早く元気になってほしい。ここ(大阪GP)に彼が出なかったことは人として当然、とても残念だ。」

    ボロノフ選手は今回、フリーではほぼ10ポイントにせまるミスのない滑りで自己記録最高を達した。平昌五輪出場をかけては、大阪の前に行われた中国GP杯で優勝したミハイル・コリヤダ選手としのぎを削ることになる。30歳と遅咲きではあるものの、だからこそ得られた円熟した演技に注目が集まる。

    タグ
    フィギュアスケート, スポーツ, 羽生結弦, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント