10:38 2018年12月17日
ウサイン・ボルト氏

ウサイン・ボルト、サッカー選手として試合デビューに向けて準備

© AP Photo / Anja Niedringhaus
スポーツ
短縮 URL
0 20

オリンピックで8個の金メダルを獲得したジャマイカの元陸上競技短距離選手ウサイン・ボルト氏(32)が、8月31日にオーストラリアのサッカークラブ「セントラル・コースト・マリナーズ」のメンバーとしてピッチに立つ。

スプートニク日本

デビューが上手くいけば、ボルト氏には契約が提示される。

31日、「セントラル・コースト・マリナーズ」は、オーストラリアの「セントラル・コースト・セレクション」と親善試合を行う。プレシーズンのトレーニングに参加しているボルト氏は、「マリナーズ」のメンバーとしてプレーする予定。

ボルト氏は今のところ練習に参加できる契約を結んだだけだが、新境地のサッカーでその能力を証明した場合、本格的な契約が提示される。

ボルト氏は試合を前に「もちろん緊張するだろう。この試合はチャリティーマッチとは違う。私はミスをすると思うが、自分を誇りに思って、自分をアピールする」と語った。

またボルト氏は、スピードや体力が足りないことを認めた。ボルト氏は試合の後半に15~20分出場する予定。

関連ニュース

「世界最速の男」ボルト選手とポケモンの共通点とは?

ウサイン・ボルト、サッカー選手に転向

タグ
サッカー, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント