21:36 2019年08月22日
ザギトワ選手

欧州杯SP直後のザギトワにスプートニク独占取材 今日のリンク入りはいつもより苦しかった

© Sputnik / Vladimir Pesnya
スポーツ
短縮 URL
アントン シチコフ
2019年欧州フィギュアスケート選手権 (25)
0 21

23日、ミンスクの欧州フィギュアスケート選手権の女子シングルのショートプログラムが終了。SP1位にはロシアのアリーナ・ザギトワが75ポイントで入った。2位もロシアでシリア入りしたばかりのソフィア・サモドゥロワが、3位にはスイスのアレクシア・パガニーニが入った。

スプートニク日本

SPで首位になったザギトワだが、スプートニクからの独占取材に対して、今日、リンクに出るのは精神的にそう簡単ではなかったと明かした。

「ロシア選手権の後はトレーニングに出るのは難しかったです。それでも監督や親族が助けてくれました。ロシア選手権の後、私はすぐに故郷(イジェフスク)に行き、そこでポジティブなエネルギーを充電しました。この後、トレーニングをするのが楽になりました。」

ザギトワは昨年末12月、かなりきついロシア選手権を経験している。ショートプログラムでは首位だったザギトワだが、フリープログラムでは技が決まらず、まさかの12位。総合成績で5位に甘んじてしまった。

今回の出場を前に集中力をなくさないよう、ザギトワはインスタグラムもSNSも一切ない、新しい携帯電話を手に入れていた。

トピック
2019年欧州フィギュアスケート選手権 (25)
タグ
フィギュアスケート, スポーツ, アリーナ・ザギトワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント