23:32 2019年02月20日
東京オリンピック この満足は高くつく?

東京オリンピック この満足は高くつく?

© AP Photo / Eugene Hoshiko
スポーツ
短縮 URL
214

先日、2020年東京オリンピックの開会式のチケットの価格が明らかになった。もっとも高額なチケットは30万円で、一番安いもので1万2千円。閉会式のチケット価格帯は1万2千円から22万円だった。スプートニクは、来夏の東京五輪と過去10年の五輪のチケット価格を比較してみた。

スプートニク日本

2020年までの間にオリンピックは本当に高額になった。もし7月24日行なわれる開会式のチケット代が最高額に達すれば、東京オリンピックは過去のどのオリンピックよりも高額となる。

ほとんど同じようなお値段だったのはロンドン五輪。開会式のチケットは最高で約28万7千円(2012ポンド)だった。しかし一番安いチケットを比較すると東京、ロンドン間ではかなり差がある。ロンドン五輪では最低価格は2800円(20.12ポンド)だったが、東京五輪は1万2千円。

過去の他の五輪では、チケットの最高額は東京五輪のほぼ半額だった。

各競技の入場料も最低価格にあまりに差が開いており、非常に驚かされる。東京オリンピックのチケット代の最低価格は2500円。北京五輪、ロシアのソチ五輪の最低価格は、それぞれ830円と485円だった。

2020年東京五輪の金メダル授与数はこれまでの五輪より多い一方、出場選手の人数はわずかに減少している。

これまでの五輪の様子は?
これまでの五輪の様子は?
タグ
五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント