10:27 2020年07月14日
スポーツ
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (174)
0 23
でフォローする

2020年東京五輪の開会式で点火される聖火台に、水素燃料が活用される可能性がある。日本のマスコミが報じた。

共同通信によると、五輪開会式で点火される聖火台の燃料に水素を活用する案が出ている。同通信社は「次世代エネルギーの活用を世界にPRする狙いがある」と報じている。

東京五輪の開会式は、1年後の7月24日に行われる。報道によると、聖火台のデザインは、「太陽」をコンセプトにした球体とする方向で検討が進められているという。

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (174)
タグ
五輪, 東京
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント