13:00 2020年08月07日
スポーツ
短縮 URL
0 14
でフォローする

世界アンチ・ドーピング機関(WADA)のウィトルド・バンカ会長は、2018年にRUSADA(ロシア反ドーピング機関)の資格を回復させたことは正しく、そのおかげでモスクワのラボにおける違反の検出が可能となったとの見解を述べた。すでに50選手以上の検体に禁止薬物が確認されているという。バンカ会長がポーランドのニュースサイト「The First News」に語った。

バンカ会長は「これら検体の再分析はまだ続いているが、すでに50選手を超える検体に禁止薬物が確認されている。これら選手は資格停止処分となることが予想される」と述べた。

またWADAは、RUSADA資格回復によりモスクワで298件をまとめた。これらは然るべき反ドーピング機関に引き継がれ、照査されるという。

関連ニュース

タグ
スポーツ, WADA
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント