06:53 2021年04月21日
スポーツ
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシア・クラスノヤルスク市の元空挺兵が鉄棒で懸垂を4098回行い世界記録を達成した。所要時間は6時間だった。クラスノヤルスク地区スポーツ省のプレスサービスで発表された。

ニコライ・カクリモフさん(59)はすでにいくつか懸垂の世界記録を保持している。同氏は懸垂で12時間4989回と24時間7345回の最高記録を打ち立てている。現在、カクリモフさんは懸垂6時間の記録保持者で、チェコのヤナ・カレスさんのこれまでの記録を213回上回り、最高記録を樹立した。

カクリモフさんの取り組みは動画に撮影され、ギネスブックに送られる予定。

カクリモフさんは、「気分は最高。少し疲れたけど、とても満足しているよ」とコメントした。

今年1月、通信社「スプートニク」は、水温プラス0.02℃のバイカル湖の氷の下をウェットスーツを着用せず85メートル泳ぎ、世界記録を更新したロシア人女性について報じている

関連ニュース

タグ
ロシア, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント