14:11 2021年05月09日
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

元UFC世界ヘビー級チャンピオンの スティーペ・ミオシッチ(38、米国)が、先日、自身からタイトルを奪ったカメルーン出身のフランシス・ガヌー(34、仏)とのリベンジを望んでいることを明らかにした。

ミオシッチは3月の UFC 260 世界ヘビー級タイトルマッチでガヌーと対戦し、2ラウンドめでノックアウトされ、世界王座のタイトルを奪われている。

UFC ポイエ―VSマクレガー第3戦に向け、鮮やかなプロモ動画発表
© REUTERS / Jeff Bottari / Handout Photo / USA TODAY Sports
格闘技ニュース専門の BJPennはミオシッチの発言を引用して次のように報じている。

「俺は体調はよかったんだ。ガヌーは第1ラウンドで勝利していたが、俺自身は動揺はなかった。あいつはいつも出だしは強いし、息切れしているのが伝わったから。フランシスの戦いぶりはよかった。でもまだこの先4ラウンドあるんだと思っていたから。その後、あいつに右から打撃を加えた後、俺は氷付き、罠にはまったんだ。動けやしない。3度目の対戦をするかって? するさ。俺は自分のものだったものを取り返したいからな。」

ミオシッチはリベンジの時期については特定できていない。まずはスタミナをつけるために20ポンドのウエイト回復を計画している。ミオシッチのファイティングへのリターンは2021年秋になる見通し。

関連ニュース

タグ
格闘技
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント