17:24 2021年09月20日
東京オリンピック ニュース
短縮 URL
0 20
でフォローする

東京オリンピックの体操女子種目別床運動の決勝で、日本の村上茉愛選手とロシアのアンジェリーナ・メルニコワ選手が14.166点で並び、銅メダルを獲得した。

NHKなどの日本のマスコミによると、日本が体操女子でメダルを獲得するのは1964年の東京五輪以来、57年ぶり。

​金メダルは米国のジェイド・キャリー選手(14.366点)、銀メダルはイタリアのバネッサ・フェラーリ選手(14.200点)、銅メダルは村上選手とメルニコワ選手(14.166)が獲得した。

関連ニュース

タグ
東京, 五輪, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント