02:52 2021年09月26日
東京オリンピック ニュース
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
0 101
でフォローする

ロシアのアーティスティックスイミングのスベトラーナ・ロマシナ選手は4日、スベトラナ・コレスニチェンコ選手との東京五輪での演技で優勝を飾り、史上初となる五輪で6個の金メダルを獲得した。

優勝後、同選手は、東京大会を最後に引退すると表明した。

ロマシナ選手は、「メダルを獲得しました。もう若くありません、東京が私の最後の五輪になると思っています。今、私は経験の中を泳いでいます。これからは経験豊かな馬となります。『どこかに急ぐ必要があるかしら?』と何度も考えるような馬です」とコメントした。

東京五輪での優勝以外に、31歳の同選手は2008年の北京五輪で団体で優勝し、ロンドンとリオデジャネイロではイーシェンコ選手とのデュエットと団体でそれぞれ2つの金メダルを獲得している。

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (433)
タグ
ロシア, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント