00:06 2021年09月21日
東京オリンピック ニュース
短縮 URL
0 05
でフォローする

東京オリンピックでスタッフに提供された弁当が大量に廃棄されていた問題について、大会組織委員会は7月3日からの1ヶ月間で約13万食が廃棄されていたと明らかにした。NHKが報じている。

7月23日の東京五輪開会式では発注した1万食のうち4000食が廃棄され、その後の競技会場でも弁当などが廃棄されるケースが相次いだ。

組織委は27日、オリンピック開催期間(7月23日〜8月8日)を含む7月3日から8月3日までに、約13万食の弁当が廃棄されたと明らかにした。東京新聞によると、この1ヶ月間における廃棄率は25%。

組織委は、東京パラリンピックが開催中である今、適切な発注を徹底していくと強調した。また、廃棄した食品は飼料の再利用に活用したり、パンなどの消費期限の長い食品はフードバンクに提供しているという。

関連ニュース

タグ
東京, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント