14:03 2021年07月24日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 02
でフォローする

25日、東京五輪の聖火リレーは41番目の都道府県である静岡県での3日間の日程を終え、最終地点の富士宮市に到着した。NHKが報じた。

NHKの報道によれば、静岡県内の聖火リレーでは、下田市で、57年前に開催された東五輪でも聖火を持って走った鈴木克己さん(75)が今回もランナーとして走り、話題を呼んだ。

聖火リレーは東京五輪の自転車ロードレースのゴール地点である小山町などをめぐった後、最終地点の富士宮市では、富士山本宮浅間大社で、地元出身で東京五輪出場が内定の走り幅跳びの山本篤選手が、トーチの火を聖火皿に移して静岡県での3日間の日程を終えた。
明日、26日、聖火リレーは山梨県に引き継がれ、神奈川県、千葉県、茨城県、埼玉県を経た後、7月9日にはいよいよ、開催地である東京都にバトンタッチされる。

関連ニュース

タグ
日本, 五輪, 東京
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント