23:22 2020年06月03日
米国
短縮 URL
0 314
でフォローする

米国の警察は、2015年1-5月に、385人を射殺した。射殺された人の年齢は16-83歳で、18歳未満は8人だった。射殺された人の約半数が黒人で、80パーセント以上が武装していた。ワシントン・ポスト紙が伝えた。

またワシントン・ポスト氏が行った調査によると、13人がおもちゃの武器を携帯していたという。

2015年、米国で警官が刑事告発されたのは、全体の1パーセント未満の3件のみだった。

米国の警官は、最近10年間で数千回発砲しているが、刑事告発されたのは54件にすぎない。リア・ノーヴォスチ通信が伝えた。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント