10:09 2020年10月22日
米国
短縮 URL
4152
でフォローする

アフガニスタンおよびイラクからアメリカ軍兵士の大半が母国に引き揚げた後でも、アメリカは以前と同様に、むしろかつて前例のないほど大規模に、基地によって世界を取り囲んでいる。アメリカのワシントンにある大学教授で、文化人類学者であるデイビッド・ウァイン氏は、このように雑誌「ネイション」で発表した。

彼は次のように指摘している。現在アメリカは、約800の基地を国外に有している。第二次世界大戦は70年前に終結したが、ペンタゴン(アメリカ国防総省)のデータによると、ドイツには以前と同様172、日本には113、そして韓国には83箇所のアメリカ軍基地が存在している。また更に、何百もの駐留部隊が、オーストラリア、ブルガリア、コロンビア、カタール、ケニアなど、世界の80カ国に散らばっている。ウァイン教授の試算によると、アメリカの納税者たちは1年に平均して1万ドルから4万ドルを、海外で働く一人の軍人を養うために支払っている。しかしながら納税者たちはまず、その事実に気づくことはない。

専門家は、アメリカ駐留軍は11の航空母艦とそれらの海軍基地を含め、様々な形をとって160の国と領土に存在していると指摘している。また、宇宙空間でもその存在が増している。公正を期すために指摘しておくと、国外における基地というのは他国も有しているが、そのような基地の数は全部で30といったところだ。とするとアメリカの有する国外に配置している駐留軍は、全世界の在外駐留軍のうち95パーセントにあたる。

ウァイン教授は、冷戦の初期、何万ものアメリカ軍基地のネットワークを作り、世界中に配置するという政策はアメリカの安全保障と外交のためのドクトリンとなった、と書いている。このような政策は、「予防戦略」と呼ばれ、その当時地政学的に主に敵対していたソ連を抑止する、という政策と関係があった。

紛争地域に安定をもたらすことに寄与する、というかわりに、アメリカ軍の基地は時として緊張の種となり、外交活動の障害となっている。つまり、アメリカ軍の基地が近東に存在しているということが、ラディカリズムの増大と、反アメリカの機運を増大させることの、十分な前提条件となってしまったのだ。駐留軍の配置をしたことで、例えばロシア、中国、イランの国境では、これらの国々からの反撃のスケールのリスクは本質的に増大してしまった。

ウァイン教授は、アメリカの増大する軍国主義は、地政学的な勝負事の場にあえて紛争を起こさせ、基地の建設および武装という、新しい競争の背中を押している、と推定している。「反テロ戦争」はグローバルな性格を帯びた衝突の種となった。この衝突は、急進派とテロリストたちの立場を強めただけだ。そしてアメリカの利益を「ロシアと中国の脅威から防衛するための」基地の建設は、世界の列強と正面衝突している。言い換えれば、世界をより安全にしていく、ということのかわりに、アメリカが国外に有している駐留軍は戦争をより現実のものとし、そしてアメリカ軍が配置された国々の情勢は、大変緊張したものになっている。

タグ
日米関係, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント