11:18 2019年06月20日
Aerosmith

Aerosmith トランプ候補の選挙キャンペーンで自作曲の使用を禁止

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
米国
短縮 URL
0 37

米国を代表するロックグループ「エアロスミス」のメイン・ヴォーカル、スティーヴン・タイラー氏は、米国大統領選挙に共和党から立候補しようとしている実業家のドナルド・トランプ氏に対し、選挙キャンペーンで自分達の曲を使わないよう求めた。AP通信が伝えた。

トランプ氏の陣営は、エアロスミスの「Dream On」を使用していた。

タイラー氏は、トランプ候補の選挙本部に書簡を送り、その中で「Dream Onおよび、その他、自分が書いた楽曲を用いるのを禁止する。自分がトランプ氏と何らかの関係があるか、彼を支持しているような印象を与えてしまうからだ」と伝えた。

なおタイラー氏は、トランプ氏を擁立する共和党のメンバーだ。

関連:

トランプ氏:プーチン大統領がISを徹底的に空爆しているのが気に入っている
トランプ氏、米国の問題は銃ではなく、精神を病んだ市民
ドナルド・トランプ氏:米国は数百万ドルを費やしているが、誰をサポートしているのか知らない
トランプ氏、大統領になったら給与はいらない
トランプ氏「大統領に選ばれたらプーチン大統領と仲良くなる」
タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント