02:24 2017年11月22日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    「ピンクフロイド」のメンバーがヒラリー氏を危険視、核爆弾の投下もありえる

    「ピンクフロイド」のメンバーがヒラリー氏を危険視、核爆弾の投下もありえる

    © Flickr/ all_usernames_are_taken
    米国
    短縮 URL
    49059424

    ロックグループ「ピンクフロイド」の創始者のひとりとして有名なロックスター、ロジャー・ウォーターズ氏は「ローリング・ストーン」誌からのインタビューに答え、ヒラリー・クリントン氏が米大統領に選ばれた場合、核兵器が使用される恐れがあるとして、懸念を表した。

    「私はヒラリー氏を危険視している。彼女は誰かに向かって核爆弾を投げつける最初の女性大統領になると思う。ヒラリー氏はあらゆる場面で『お前は私の許しなく真実を語ってはならない』という態度を示している。」

    このインタビューでウォーターズ氏は、民主党の他の候補者のバーニー・サンダース氏を支持していることを明らかにした。にもかかわらず、ウォーターズ氏は米国籍を持っておらず、英国籍であるため、米大統領選の投票はできない。

    タグ
    ヒラリー・クリントン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント