12:26 2019年10月19日
CNN記者、国務省から指示を受けていたとして非難

CNN記者、国務省から指示を受けていたとして非難

© AP Photo / Ric Feld,File
米国
短縮 URL
1110
でフォローする

CNN記者エリス・ラボット氏と米国務省高官フィリップ・レイス氏のメールのやり取りが公開され、波紋を呼んでいる。

ラボット氏と国務次官補時代のレイス氏のメールのやり取りがポータルサイト「Gawker」で公開された。

それによれば、2013年1月、ラボット氏はレイス氏の指示を受け、ベンガジの米国大使館襲撃事件に関するヒラリー・クリントン国務長官の議会上院公聴会におけるスピーチをTwitterに印象深く引用し、さらに、同長官に鋭い質問を浴びせたランド・ポール上院議員を批判した。

先週CNNは、編集方針違反を理由に、ラボット氏を休職処分にした。直接の理由は、同氏がシリア難民受け入れ停止に関する下院決定を批判するTwitter投稿を行ったこと。

タグ
ジャーナリズム, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント