13:10 2018年12月12日
米国NSA サイバー防衛の全権移管要求を無視

米国NSA サイバー防衛の全権移管要求を無視

© Flickr / Alexandre G.
米国
短縮 URL
927

米国最大規模の諜報組織である国家安全保障局(NSA)は、国内の自分達の諜報及びサイバー防衛の管理機関を統合させる。職員向けに月曜日、公表されたメッセージの中で、マイケル・ロジャース長官が明らかにした。

2013年末、米国大統領により任命された委員会は、NSAの仕事をスパイ活動に集中させ、サイバー防衛については国防総省に移管すべきだとの結論を出したが、今回の機関統合により、NSAは、この提言を無視する形となった。委員会は、利益衝突が発生する事を理由に挙げ「NSAは、攻撃的な行動と防衛的な行動を同時にはできない」との結論に達した。

NSAは、元契約職員でCIAの職員でもあった、エドワード・スノーデン氏が、NSAが米国内及び国外で行っている一連のスパイ・プログラムを暴露した、おととし2013年、批判の集中砲火を浴びた。その後、そうしたプログラムのいくつか、例えば外国首脳の監視や、国内での電話会話の傍受などのプログラムは縮小されたものの、何一つとして完全に取り止めとなったものはない。

タグ
NSA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント