03:45 2018年01月22日
東京+ 5°C
モスクワ-2°C
    オバマ大統領

    オバマ大統領:シリアの停戦について幻想を抱いてはいない

    © REUTERS/ Yuri Gripas
    米国
    短縮 URL
    141

    バラク・オバマ米大統領は、米国はシリアの停戦を保障するためにあらゆる努力をすると述べた。26日、ロイター通信が伝えた。ただし、停戦について幻想を抱いてはいない、とオバマ大統領。

    「我々の中の誰も、何らの幻想も抱いてはいない。我々は、多くの落とし穴、懐疑の種があることを理解している。それでも我々は、少なくともひどい紛争を終わらせるための外交努力に関してするべきことをしなければ、歴史が我々を許さないだろうと理解している」。米国家安全保障会議の後に述べた。

    休戦でシリアにおける暴力のレベルが低減され、人道支援への道が開けるだろう、とオバマ大統領。

    米国大統領はまた、合意の実現にとって今後数日間はきわめて重要になる、と強調した。

    米国とロシアが合意した停戦は2月26日23時(モスクワ時間)に発効する。以後、軍事行動は、国連安全保障理事会によって規定されたダーイシュ(IS、イスラム国)その他のテロ組織に対してのみ継続される。

    タグ
    バラク・オバマ, シリア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント