09:40 2018年05月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 11°C
    米最大級のシェールオイル採掘数社が大減産を宣言

    米最大級のシェールオイル採掘数社が大減産を宣言

    © AP Photo / Hasan Jamali
    米国
    短縮 URL
    3116

    米のシェールオイル採掘企業、コンチネンタル・リソーシーズ、デボン・エナジー、マラソン・オイル各社は今年の採掘量を昨年比でおよそ10%縮小する計画を明らかにした。この3社はそれぞれオクラホマ、テキサス、ノースダコタの各州で数年にわたり採掘を行なっている。ウォールストリート・ジャーナルが報じた。

    こうした採掘縮小計画にはEOGリソーシズ社も加わり、5%の減産を宣言。

    減産方法のひとつは、すでにボーリングが終了した油井の作業の停止。これにより石油ガス価格が再び上昇した際に直ちに稼動が可能な油井、ガス井の数は多くなる。

    コンサルタント企業IHSは、米国における石油採掘は今年夏まで日量900万バレルから830万バレル削減されると見ている。こうした削減が実際行なわれた場合、原油価格は1バレル40ドルまで回復する可能性がある。

    関連:

    北海ブレント先物買い待ち 記録的高水準に
    イラク 原油減産について話し合う用意を表明
    タグ
    石油, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント