12:26 2018年09月23日
米国のオバマ大統領

オバマ大統領:米国の大統領候補討論会は「学校のけんか」に似ている

© AFP 2018 / Andrew Caballero-Reynolds
米国
短縮 URL
1119

大統領候補討論会参加者は米国の現在の政策に反対しているが、彼らは「悪意によって動機づけられて」おり、彼らの討論は「学校のけんか」に似ている。バラク・オバマ大統領が述べた。

オバマ大統領の時代に米国が得たものも多く、米国は今も「世界最強の国」であり、一部大統領候補の言葉は「明らかに虚偽」である、とオバマ氏。

オバマ氏は、ライバルを「意図的にアメリカを弱体化させようとする裏切り者」などとこきおろさない候補者こそ支持するよう促した。

名指しこそされていないが、これは明らかに、共和党でも最も人気のあるドナルド・トランプ候補とテッド・クルーズ候補を批判したものである。

オバマ氏によると、米国の未来を託せる政治家は、米国人同士の額を突き合わせるのではなく、米国人を一つにする政治家である。

関連:

オバマ大統領 プーチン大統領の印象を語る
ヒラリー・クリントン氏、UFOに関する情報の公開用意あり
オバマ大統領、引退後どこに住むかを語る
タグ
選挙, バラク・オバマ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント