14:27 2017年06月27日
東京+ 25°C
モスクワ+ 14°C
    ジョン・オーウェン・ブレナン

    CIA長官、9.11テロ報告書の公表の必要性を疑問視

    © AP Photo/ J. Scott Applewhite
    米国
    短縮 URL
    61571427

    2001年9月11日のテロに関する完全なレポートの公開は米国とサウジアラビアの関係を害する可能性がある。米中央情報局(CIA)のジョン・ブレナン長官がNBCとのインタビューで語った。

    サウジ当局のテロリスト支援について語った28ページの報告書には、未確認情報が含まれている、と長官。

    調査委員会は事後、サウジ政府が「アルカイダ」を支援していたという証拠はなかったと指摘した。

    タグ
    テロ, サウジアラビア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント