03:20 2020年11月25日
米国
短縮 URL
2219
でフォローする

「米国国家安全保障アーカイブ」プロジェクトの枠内で公開された機密文書により、1950年代に米国がアイスランドに核弾頭を配備する計画だったことが明らかにされた。米科学雑誌「ポピュラーサイエンス」の報道によると、米国はアイスランドに対して兵器の配置換えについて通知する計画になかった。

公開された文書によると、アイスランドは自国領内には核兵器を配備しないという保証を米国に常に要求していたが、これに対し米国務省は、そうした保証を与えればソ連に益をもたらすだけとみなしていた。

こうした一方で米国防総省は、核兵器配備計画に関して作業を続行。しかしアイスランド当局がそれを察知し、NATOからの脱退を振りかざした。

こうしたアイスランドからの最後通牒が突き付けられ、米国の外交官らもようやく、アイスランドへの核兵器の秘密展開はプラスよりもマイナスが大きいことを認めた。

先に伝えられたところによると、ロシアの行動がNATOによるシリア領内への624発の巡航ミサイル発射を阻止した

関連:

NATOに「不治の病」の症状が発見される
NATO最高司令官、ロシア軍の力に感銘
露外務省:NATOはトルコでのクーデター阻止の代わりに「ロシアの脅威」に取り組んでいた
タグ
NATO, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント