07:55 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    米国 テキサス州での地震と原油採取の関係認める

    米国 テキサス州での地震と原油採取の関係認める

    © AP Photo/ Hasan Jamali, File
    米国
    短縮 URL
    1510

    米テキサス州で最近起きた地震は、石油ガス会社が油井採掘の際に廃水を処分したことに関係がある。そのような結論に米国環境保護庁(EPA)が至った。

    EPAは次のように述べている。

    「EPAは、テキサス州北部の地震の活発さと油井の工業廃水が関係しているという高い可能性が存在していると考えている」

    EPAはまた、原油生産が活発に行われている一連の地域では2016年、地震の回数が増加する可能性があると指摘した。特に、可能性のある地域として、オクラホマ州、カンザス州、テキサス州、コロラド州、ニューメキシコ州とアーカンソー州が挙げられた。

    先に伝えられたところによると、すでに数人のアナリストが、強力な地震は大型ハドロン衝突型加速器(LHC)作動の結果だと自信を持っている。

    関連:

    米国で子供3人が観覧車のゴンドラから落下
    中国の地震が学者に予測される
    タグ
    地震, 石油, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント