09:00 2017年03月25日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    危険な兆候、米議会がオバマ大統領の拒否権を無視危険な兆候、米議会がオバマ大統領の拒否権を無視

    危険な兆候、米議会がオバマ大統領の拒否権を無視

    © Flickr/ Daniel Mennerich © AFP 2016/ Yuri Gripas
    1 / 2
    米国
    短縮 URL
    113035226

    米議会はオバマ政権下で初めて大統領の拒否権を覆した。

    拒否権が覆されて成立したのは2001年9月11日に起きた同時多発テロ事件で犠牲者の遺族らが外国の政府および市民に対して訴訟を起こすことを許す法案。法案はこのテロリストらへの支持を表明したとして再三にわたって非難を受けているサウジアラビアを主に対象としたもの。

    9月23日、米下院は全会一致でこの法案を採択したが、翌24日、オバマ大統領は同盟国との関係悪化を望まないとしてこれに拒否権を発動した。

    ロイター通信の報道では議会の投票では348人の議員が大統領拒否権を覆すことを支持し、反対を唱えたのはわずか76議員だった。

    大統領の拒否権が覆され、法案が成立した背景には下院の大多数が共和党員で民主党出身の大統領への批判を定期的に繰り返している事情があるのみならず、今回は同じ民主党の議員らも大統領拒否権を覆す側に回ったことがある。

    オバマ大統領は今回の拒否権覆しを「危険な兆候」であり、回りまわって米国が非難されかねないと危惧感を表し、議会側からの外交行動は「予期していなかった」と語っている。

    先に伝えられたところによると、オバマ米大統領は大統領になってから罵詈雑言が増えたと告白した

    関連:

    米韓の対北朝鮮軍事演習に英国が初参加
    ケリー国務長官、米はシリアでのロシアとの協力停止の構えとラブロフ外相に述べる
    タグ
    バラク・オバマ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      ロシアからしか 発信されないでしょうね
      内情をよく知る ロシア。
      影の政府は ブッシュですか?
    • avatar
      豊岳正彦
      これでヒラリーでもトランプでも外交の決定権は議会に握られた。

      ある意味TPPよりも全体主義的で、オバマ氏の言うとおり危険である。

      具体的には、JFKを議会が抹殺した状況と同じ危険と言うこと。
    • unimaro unimaro
      民主主義の勝利。
      どう見ても、議会に正しさがある。
      法廷に出されたら、911の真相まで追及され、ブッシュやCIAや軍が計画しサウジとともに実行したことがばれてしまうのが怖いのだ。

      だが、
      これで、
      奴らは
      ヒラリークリントンを絶対い大統領にしなければならない、ことになった。
      大統領選は、特に電子投票でインチキを行う。

      もし、ヒラリーが勝ったら、米国のすべての軍人は、命令を無視し、米国のために立ち上がり、ヒラリーやブッシュどもを即時吊るせ。それが唯一の、米国を米国国民たちの国であることをさせられる道だ。(ネオコン、金融街、など、NWOども全員ね♪)
    • avatar
      酒虎碁山
      アメリカの支配層とサウジ王室との間で、この問題がどう取り扱われているかがポイントでしょう。ブッシュあたりが告発されて幕引きが図れればアメリカの支配層にとっては安泰、逆にサウジや、この議論に乗じて真実を追究する国やジャーナリズムから反発があると困るのはアメリカ支配層ではないでしょうか
    • avatar
      酒虎碁山
      追記です。アメリカ支配層とサウジ王室との問題というのは、ペトロダラーのことがあるからです。現状のままでアメリカとサウジが本当に仲たがいしてしまえば、それはドルの終焉もあり得るという事だからです。
    • ネットもぐら
      オバマはこれまで米戦争屋の言う事に耳を貸すふりをして徹底的に無視してきた。
      アメリカであれ日本であれロシアであれ法や政策というものは議会で決まることはない。議会は民主主義に基づく単なるセレモニー・アリバイに過ぎない。そうしたものは夜間人目を避けて行われるのは常識。これはオバマが大統領としての発言力を失ったことを世に知らしめるためのセレモニーだったのだ。

      ヒラリークリントンは生きているのかさえ不明、最近の写真をよく見れば我々が知っているヒラリーとは全くの別人であると誰にでも分かる。(特にスプートニクはそれを強調する写真を掲載している)ヒラリーは米戦争屋のロボットでしかないので似ていれば誰でも代わりが務まる。共和党だの民主党だので判断しては何も見えない。政党なんてのは幻想に過ぎない国家や政党には意思や思想など元々無い。

      この件で9.11の真相が出てくるなんてことはありえない。むしろその逆で9.11アルカイダ説で米国戦争屋の嘘デタラメをさらに利用する作戦と見る。しかしどうやっても無理筋、米戦争屋は何も見えていないのではないか?力で押し切れると思い込んでいるように見える。

      今アメリカでは米戦争屋がクーデターを起こしているのだろうオバマの反戦争屋路線を継承するのがトランプであるならここまでの流れは腑に落ちる。
    • avatar
      sy070208
      日米両政府は26日、ACSAに署名し、米国の侵略戦争で日本が兵站線を担う態勢が整備されてきた
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201609280000
      兵站は戦争の勝敗を大きく左右する。アメリカ軍が行ってきた「テロとの戦い」の間に「テロリスト」が勢力を拡大できたのは、アメリカ軍が「テロリスト」の兵站線を叩かなかったことが大きい。物資を「テロリスト」に「誤投下」してきただけでなく、高性能兵器をアメリカやその同盟国はアル・カイダ系武装集団へ供給している。最近ではそうした事実を隠していない。隠す必要がないほど知られているとも言える。
    新しいコメントを読む (0)