15:13 2017年03月23日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    サムスンの爆発洗濯機に警告、米国

    サムスンの爆発洗濯機に警告、米国

    © AFP 2016/ John Macdougall
    米国
    短縮 URL
    264640

    米国消費者製品安全委員会は洗濯機が爆発したとの報告を受けて、韓国企業サムスンとの作業を開始した。

    委員会の声明で述べられているところ、縦型の洗濯機にはベッドシーツやかさばるものの洗濯の際、消費者にとって危険となるがある。

    不具合が発覚したのは、2011年から2016年にかけて製造された洗濯機。具体的なモデルは委員会の声明では挙げられなかった。危険な可能性のある洗濯機はサムスンのサイトで調べることができる。

    今年9月はじめサムスンは、バッテリーが発火する可能性があるという不具合を受けギャラクシーノート7のリコールを発表した。ノート7はいくつかの航空会社の機体への持込が禁止された。

    関連:

    飛行中の旅客機でサムソンのスマホから発煙
    ブルームバーグ:ギャラクシーノート7の失敗は、Appleを追い抜く試みと関係
    タグ
    サムスン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • ネットもぐら
      またサムスンだ。
      小国南朝鮮に取ってサムスンの存在は大きい。
      自動車産業は間もなくインドに生産台数で抜かれる。
      次にヒュンダイ叩かれると経済は相当な打撃を食うだろう。
      サムスンやヒュンダイの政治的発言力は小さくはない。
      アメリカは南朝鮮に何を押し付けようとしているのか?
    • avatar
      豊岳正彦
      だんらんを 火宅に変える 電化機器
    新しいコメントを読む (0)