22:46 2019年12月10日
ヒラリー・クリントン氏

ウィキリークス、ヒラリー・クリントン氏の職務上の全メールは誰にアクセス可能だったかを暴露

PanARMENIAN
米国
短縮 URL
0 712
でフォローする

民主党のヒラリー・クリントン次期大統領候補が国務長官時代にやりとりを行なった5万5千件におよぶ書簡のうちクリントン氏の取り巻きおよび国務省にアクセスが可能だったのはほんの一部でしかなかったことが、今回ウィキリークスが暴露したクリントン氏の選挙対策本部の文書から明らかになった。

クリントン氏は国務長官時代、職務上のメールのやりとりを個人のメールサーバーを投資を行なっていたため、連邦捜査局(FBI)の捜査を受けていた。FBIは2015年から2016年にかけての捜査で、機密情報の漏れがあったかどうかの確認作業を行なってきた。

FBIの捜査の結果、クリントン氏には犯罪行為は見つからなかった。とはいえ、およそ100通の書簡に機密情報が書かれていた。FBIはメールを部分ごとに公開している。捜査の枠内でクリントン氏は個人のサーバーからおよそ3万通のメールを国務省の管轄へと渡していたが、さらに3万通はプライバシーにかかわる内容を含んでいるとして渡されていない。

この後、FBIによってさらに1万4900通のメールが発見されている。手紙の内容は一部は職業上の活動に関するもので、残りは個人的生活に関係している。

関連:

ウィキリークス、クリントン氏の選対本部長のメール第9部を公開
ウィキリークス クリントン候補選挙対策本部長の極秘メール第7部公開
タグ
ウィキリークス, ヒラリー・クリントン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント